2018年03月01日に初出の投稿

Last modified: 2018-03-01

When used in connection with `bar' it is generally traced to the WW II era Army slang acronym FUBAR (`Fucked Up Beyond All Repair'), later modified to foobar.

Etymology of "Foo"

RFC にはスタンダードな言葉(使い)の由来が書いてあったり、読みごたえがあるよね。有志がバラバラに翻訳してるだけなので、これを一定の分量で JIPDEC さんとか IPA さんが予算をとって訳出してくれないものかな(既に彼らは幾つか翻訳してくれているのだけれど)。これは国庫から一定の税金を投じてもいいことだと思うね。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook