2018年03月01日に初出の投稿

Last modified: 2018-03-01

サイバーセキュリティに関する施策(人材育成、情報共有、研究開発、制度構築等)

総務省情報流通行政局サイバーセキュリティ課では、非常勤職員を採用することとしています。募集要領は次のとおりです。

上記のような職務内容だけではなく、関連する広報とか雑務も含まれる。とはいえ、企業で脆弱性分析から情報セキュリティマネジメントシステムの運用に従事するのが主業務だろうから、要するに僕が会社でやってるような仕事を(恐らくは)国家規模のスケールで対応するハードな業務ということになる。これを、手当なしの日給 8,000 円で、NRI やアクセンチュアや KCCS の方が退職した後に求職するかという話である。まぁ、そのレベルの会社さんで退職金が8億とかだったら、暇つぶしに検討するかもしれないが、一つ間違えば重大な事案になるし、遅かれ早かれ誰のミスなのか突き止められて公表されるのは目に見えている(普通、攻撃する側は相手組織の攻撃目標を個人として特定する)。

ともあれ、通勤手当もなしで税引き前の給与が6時間ていどの日給で 8,000 円だから、8時間勤務の僕が日給ベースにすると2万円強なので、殆ど貯金できないような僕の収入と比較したとしても全く割に合わない。これで人材育成や制度構築といった役職レベルの仕事をさせられるのは、賃金だけを見れば地方の飲食チェーンで激務に追われる名ばかり店長と同じだ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook