2018年07月20日に初出の投稿

Last modified: 2018-07-20

本日は、自社のネットワークの調整だけでなく、20時からクライアントのメールサーバを KAGOYA から SAKURA に切り替えていた。どこのレンタルサーバでもそうだが、他社の DNS を使う場合は「知らんがな」という調子の扱いが多く、SAKURA でも実際のところ手順が分かりにくい。他社の DNS サービスでどこまでやれるか関知しないというのは確かに分かるが、メールサーバへの接続方法なんて、どのみち CNAME と MX のどちらかのレコードを設定するしかないわけだし、どちらも有効なら両方を最初から書いておけばいいだけのことを、困惑させて自社の DNS サービスに囲い込む動機にするなんて姑息をことをやってても仕方がないと思う。

たとえば SAKURA のメール専用サーバ(年間で千円くらいのサービス)の場合は、MX レコードを「初期ドメイン」と呼ばれる "hogehoge.sakura.ne.jp" に設定するだけでいい。あとはメールクライアント・ソフトで、POP3/SMTP サーバをその初期ドメインに指定して、コントロールパネルで自分が使いたいドメインを登録してやれば、登録したドメインでもメールが送受信できる。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook