2017年12月19日に初出の投稿

Last modified: 2017-12-19

自称右翼とか日になるのが「愛国」って意味だと思ってるのかな。それ、単なる時代劇やヤクザ映画の「女房像」みたいなものを刷り込まれてるだけなんじゃないのかな。

「愛しているなら文句を言うまい」というのは、聞くところによると最近のガキが「親友」として思い描いているものだったりするわけだけど、そういう自縄自縛の考え方を身につけないといけないというのは、面倒だよねぇ。もちろん、殆どのガキも大人と同じく凡人であるからには、それを打ち砕く「個性」や才能なんてないわけだから、凡人の思考や行動としてはよくあることだろう。でも、それに甘んじて凡人を許してくれる日本なるものを妄想で維持しても、結局は裏切られるんだよ。相手は他人なわけだし。君らが思ってる「日本」って、結局のところなんなんだろう。

ちなみに「ガキも殆ど凡人」と書くと、東大の学生とかが「俺たちは違う」という趣旨の馬鹿げた反論を書くことがあるのだけど、開成から東大の理IIIに入るとか、そんなものは "gifted" とは言わない。たとえば東大が一定の基準に満たない受験生を全て不合格にして、「今年は合格者はゼロです」とした年なんてないだから(学生運動で入試が実施できなかったことはある)、こう言ってよければ基準次第では「バカでも入れる」からだ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook