2019年04月08日に初出の投稿

Last modified: 2019-04-08

プライベートでメールを書く機会はすっかり無くなってしまった。筆記具で手紙を書く機会は既になくなってしまっていたが、そろそろデジタルのメッセージすら、相手も減ってきたし、いたとしてもメールでやりとりする必然性がない。それこそ急ぎなら電話すればいいだけだし、丁寧に文章を書く用件もない。残るは、昔ながらの年賀状や暑中見舞いくらいのものだが、これは送り合う相手が増えないために、どんどん相手が減るばかりであり、恐らくあと10年もすれば半分くらいの相手は(大半が先生方なので)失礼ながら送ることもなくなるのだろう。

こうしてみると、メールはぜんぜん生活に根付かなかったのだが、それでも必要だ。何かのサービスへユーザ登録するときに使う情報だからである。しかし、ユーザ登録したら後は殆ど使わない。情報漏えいでもあれば通知をもらって何か対処しなくてはいけないだろうけれど、それ以外は煩わしい広告や関連サービスの紹介といった、どうでもいいメールしか来ないからだ。ああ、そういえば「あなた随分とログインしてませんね」などと厚かましい内容のメールをよこしてくる Facebook とかいうロクでもないサービスがあったな。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook