2017年12月25日に初出の投稿

Last modified: 2018-01-29

ヘテムルさんでステージング用にサーバを借りているのだが、SSLの証明書が期限切れとなるため、無料のSSL証明書を使いたいという。もちろん、先月から始まったサーバの移設に従って、Let's Encrypt に対応するウェブサーバへ移設すれば使えるのだが、どうもサーバ内のファイル一式(たぶん数百GB)を全て移設せよということが分かっていないらしい。「ウェブディレクター」を自称する人材が、レンタルサーバのヘルプすら読む気がなく、理解もできないというのは相変わらずどうしたものだろうか。

もう「ウェブ業界はどこを向いているのか」という記事を公開した頃からでも10年近くは色々な SNS やブログで書いて(、そして消して)ることだが、オンラインサービスとかネットコミュニティとか通信とかコミュニケーションとかシステム開発とかに全く興味がなくて IT ベンチャーに就職してるんだな、こういう人々は。ペーパーボーイさんのヘルプって、はっきり言えばリテラシーのない零細経営者や高校生やライトユーザの主婦とかをターゲットにしてるので、これが理解できないのって、ITパスポートの試験にすら合格しないレベルのリテラシーって話になるんだよね。これで大手広告代理店の仕事(ということは、つまり nation-wide に通用する品質を要求される仕事)してるって、怖すぎるよ。

で、上記の記事を書いた当時でも、純生さんという Movable Type のサポートをしてる会社の社長さんに「巨人野球」などと揶揄されたんだけど、やっぱり僕は採用プロセスに問題があると思ってるんだよね。最初から或るていど「無能ではない」人材を救い上げる基準とか評価方法はあると思う。ウェブ制作や IT ベンチャーというのは、勉強する意思もない怠惰な人材をサポートするなんて奇怪な事業でもなければ、凡人の溜まり場であっていいわけでもない。採用した人材をじっくり育てたらいいなんてことは、育てるだけの原資がある会社だけに通用する話であって、採用した新卒を数ヶ月ほど有給で教育するとか、そんな大企業だけで通用する手法だと思う。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook