2018年01月09日に初出の投稿

Last modified: 2018-01-09

少額決済で多くの人々からの投資とか購買行動を引き出すというのは、確かに理想ではあると思うけど、それは個人では難しいファイナンスを実行したり商圏を確保するということだ。そうする必要がある案件に限っては有効なものだが、個人や小規模事業者がクラウドファンディングばかりに頼るのは感心しない。実際、あのノベール賞まで取ったマイクロ・ファイナンスを見れば、批判があるように、その多くの事業は単なる BOP ビジネスとして格差や階層を逆に固定する仕組みになってしまっている(いわゆる「シャブ漬け」というやつ)。そんなことしなくても実現するための知恵を絞るということが軽視されると、結局は金ということになる。もちろん、そこで有利なのは、成功するかどうかも分からないクラウドファンディングをする必要もなく、手元に幾らでも金がある芸能人やセレブの子息である。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook