2018年08月21日に初出の投稿

Last modified: 2018-08-21

添付画像

プロフ(Proff) | スマート履歴書を数分で簡単作成

こう言っては悪いけど、こんなサービスは10年前でも考えてた人がたくさんいた筈なんだよね。ていうか、名刺をスキャンしてプロフにするサービスなんか既にあるわけだし、テクノロジーとしては大したことない。でも、昔はこういうサービスを作っても普及しなかったろうと思う。だって、240 x 480 ピクセルのガラケーの画面にプロフィールを表示したところで、そんなもんが名刺の代わりになると思う人なんていなかっただろう。デザインなんてしても無意味な解像度だった。スマートフォンで表示できる範囲のビジュアルデザインが格段に表現力を向上させて、しかも画面に表示された内容が、いわゆる「オフィシャル感」を持つようになったのかもしれない。あとは URL を Slack に投げたり SNS でシェアすればいいという気軽さが通用するようになった最近でこそ、商品として成立するようになったのだろう。

このサービスが伸びるかどうかは、フリーランサーが使う範囲だけでも一定の期待はできるかもしれないが、やはり企業が対応するかどうかも重要だ。昔なら、こんな印鑑も押していないオモチャの画面が何の担保になるのかという古臭い感覚が常識だったし、もちろんいまでも大半の企業や公的機関は同じ対応をするだろう(SNS 採用が全く普及していないのが傍証だ)。そして、こういうサービスを受け容れる企業とそうでない企業で業績に何らかの差が出たら面白いのだが、残念ながら「底辺」と「(上場)企業」にあるカルチャーの差を更に拡大させるだけの結果に終わる可能性が高いと思う。

いまはベータ版だから無料だというが、これを有料にしてバイトやパートの人たちが決済のアカウントを通してくれるだろうか。たぶん、求人サイトと API で連携でもしない限りは難しいだろう。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook