2018年10月31日に初出の投稿

Last modified: 2018-10-31

Linux security.debian.server 4.9.0-7-amd64 #1 SMP Debian 4.9.110-3+deb9u2 (2018-08-13) x86_64

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;

the exact distribution terms for each program are described in the

individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent

permitted by applicable law.

Last login: Wed Oct 31 13:06:31 2018 from 192.168.1.181

philsci@security:~$ su

Password:

root@security:/home/philsci# cd ~

root@security:~# wget -qO- https://binaries.cockroachdb.com/cockroach-v2.1.0.linux-amd64.tgz | tar xvz

cockroach-v2.1.0.linux-amd64/cockroach

root@security:~# cd cockroach-v2.1.0.linux-amd64

root@security:~/cockroach-v2.1.0.linux-amd64# cp -i cockroach /usr/local/bin

root@security:~/cockroach-v2.1.0.linux-amd64# cd /usr/local/bin

root@security:/usr/local/bin# cockroach start --insecure --listen-addr=localhost

** WARNING: RUNNING IN INSECURE MODE!

** - Your cluster is open for any client that can access localhost.

* - Any user, even root, can log in without providing a password.

* - Any user, connecting as root, can read or write any data in your cluster.

* - There is no network encryption nor authentication, and thus no confidentiality.

** Check out how to secure your cluster: https://www.cockroachlabs.com/docs/v2.1/secure-a-cluster.html

*CockroachDB node starting at 2018-10-31 04:12:26.911533038 +0000 UTC (took 4.9s)

build: CCL v2.1.0 @ 2018/10/30 12:32:34 (go1.10.3)

webui: http://localhost:8080

sql: postgresql://root@localhost:26257?sslmode=disable

client flags: cockroach <client cmd> --host=localhost:26257 --insecure

logs: /usr/local/bin/cockroach-data/logs

temp dir: /usr/local/bin/cockroach-data/cockroach-temp999399834

external I/O path: /usr/local/bin/cockroach-data/extern

store[0]: path=/usr/local/bin/cockroach-data

status: initialized new cluster

clusterID: faa3b3f0-6350-4c2c-96e7-d96154d84a8d

nodeID: 1

^C

Note: a second interrupt will skip graceful shutdown and terminate forcefully

initiating graceful shutdown of server

server drained and shutdown completed

** INFO: interrupted

*Failed running "start"

CockroachDB というのがある。いつも横目で眺めていたのだが、今日はこれをインストールして使い勝手を確認してみた。実際にやった作業は上記のとおり、バイナリをダウンロードしてから最初のインスタンス(ノード)を立ち上げるまでの流れは、非常に簡単である。そもそもインストールするのはバイナリファイル1個なので、アップデートもそのファイルを上書きするだけだから、メンテナンスも非常に楽だと思う。そして、上記の作業をやった後は、マニュアルのとおりに二つ目のノードを立ち上げて、一つ目のノードで作成したデータベースやテーブルに値を入れて、それを二つ目のノードで SELECT し、自動でレプリケーションがうまくいっていることを確認した。

ただ、リモートから http://192.168.1.182:8080/ では管理画面らしきものにアクセスできなかったので、これはサーバのアクセス制御にも原因があったのかもしれない。これは次の課題としよう。なお、上記の最後に ^C となっているのは、ノードをシャットダウンした際のコマンドだ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook