2018年05月04日に初出の投稿

Last modified: 2018-05-04

添付画像

写真は、ベルトを通してスマートフォンなどを収納するために3年くらい使ってきた DURO CARGO というブランドのポーチだ。かなり痛んできたので、昨日はホームセンターで新調することにした。残念ながら DURO CARGO というブランドは全て取り扱いが終わってしまったらしく、現在は TOUGH LABEL というブランドの商品だけが並んでいたので、今回は一回り大きい FAB-86 というポーチを買った。

少し調べてみたところ、どちらのブランドも「冒険倶楽部」という販売元になっているが、実際には中林製作所という新潟の会社さんが実体らしい。どうやらウェブサイトが存在しないので、商工会議所に登録されている住所で Google Maps(ストリート・ビュー)から様子をうかがった限りでは、前景に穀倉地帯が広がり裏手は丘陵という環境で続々とプロ仕様のポーチが生み出されているようだ。

なお、これまで使ってきた DC-34 というポーチは表面が傷んできたというだけであって、物品を収納して携帯するという目的には何の支障もない(建設現場で使うような「プロ仕様」のポーチが3年や5年で使えなくなる筈がない)から、これは室内で小物を入れておくのに使うことにした。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook