2018年01月30日に初出の投稿

Last modified: 2018-01-30

[バス釣り]ブームの鎮静化や大手量販店の台頭、個人消費の低迷等から業績は悪化し、過去の設備投資など金融負担は重く厳しい資金繰りに陥っていた。平成30年の年初めは営業したものの、その後店舗を閉鎖し、今回の措置となった。

山梨 釣具用品販売 シマヤ釣具店

東京商工リサーチや帝国データバンクさんの大型倒産情報を見ていると、たまにこうして創業の古い老舗が倒れているのを目にする。ブームに乗じて設備投資をして返済できなくなったというのが大きな原因とされているが、老舗の割に「ブーム」などというものに飛びついてしまう判断はどういう事情だったのだろうか。

それにしても、この東京商工リサーチのページは、いったい無関係な画像を貼り付けるという馬鹿な真似をいつまで続けるのだろうか。「※画像は実際の企業と関係はありません」などとキャプションを付けているが、そもそもこんな画像は不要だ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook