2018年05月03日に初出の投稿

Last modified: 2018-05-03

外出していた帰りの途上で、或るマンションの共用地に植えてある木に白い名札がかけられているのを見かけた。見上げないと分からないような位置にかけられてあり、どういう理由でああいう札が使われているのか不思議に思って調べてみると、「樹木札」とか「樹銘板」という商品が出回っているらしい。大きな木を植えたら、こういう札を取り付けることが推奨される条例でもあるのかと思ったが、そうでもなく単なる装飾品のようだ。日本国内では数社が製造・販売しているようだが、Aboc 社の樹銘板がデファクト・スタンダードとなっている。ちなみに、公園や学校で見かける、白の安っぽいラベルにウェイトの低い丸ゴシックで樹木名が書いてあるだけのものは、Aboc 社のラインナップには含まれていない。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook