2018年03月20日に初出の投稿

Last modified: 2018-03-20

Campbridge Analyticaはケンブリッジ大学の心理学教授、Dr. Aleksandr Koganと協力して “thisisyourdigitallife” というアプリを開発し、最大5000万ユーザーの個人情報を収拾した。Facebookは27万人のユーザーがそのアプリをダウンロードしたことを認めている。このアプリはFacebookのログイン情報を使ってユーザーの地理的情報をアクセス可能にする —— New York Timesによると5000万人のプロフィール情報を取得したという。しか一人のユーザー(友達が数百人)がこのアプリを通じて個人情報へのアクセスを許可することのの影響は、2014年当時の方がいまよりずっと大きかった可能性がある。

トランプ選挙陣営のデータ分析会社、Facebookユーザー5000万人のデータを不正アクセスか

こちらは日本年金機構の10倍という分量の利用者に関わる事案だ。Facebook の株価が 7% も下落したと大騒ぎになっているが、はっきり言ってそんなことはポイントじゃない筈であって、どうでもよいだろう。それにしても、「許可することのの影響は」などとあって、急いで翻訳した様子がうかがわれるが、逆に言えば機械翻訳でこういうタイポは生じにくいから、人が訳していることがうかがえる。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook