2018年10月30日に初出の投稿

Last modified: 2018-10-30

添付画像

Mackerel で表示している、当社のステージング・サーバの様子だ。公開サーバではないし、頻繁にアクセスする事案もないため、負荷は大して上がらない。今年の前半に原因を突き止めるのに苦労していた、当社ネットワークの逆引き設定にしても、このサーバに nsd をインストールして逆引きの権威をプロバイダから委譲してもらったのだが、もとより逆引きしているリクエストでしか参照されないため、常にリクエストがあって重くなるというわけでもなさそうだ。それもその筈で、メールサーバの正当性を確認するといった事情でもない限り、外からリクエストされたときにリモート IP アドレスを逆引きするサーバには酷い負荷がかかるので、ふつうウェブサーバなどの設定では有効にしないのが定石だからだ。日立さんのコーポレートサイトのように逆引きをしているサーバも一部にはあるが、逆引きでネットワーク機器の割り当て文字列を突き止められたところで、何かセキュリティに関する成果であるかのように見せかけられるだけの裸踊り(宴会芸と同じで、自分が何事かをやったつもりになれるというだけのこと)にすぎない。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook