2019年04月20日に初出の投稿

Last modified: 2019-04-20

政府は19日、新元号に「令和」を選定した4月1日の一連の会議の議事概要を公表した。新元号を決定する閣議直前の全閣僚会議では、閣僚から「令和は昭和とかぶる」との異論も出たが、安倍晋三首相が最終的に「新元号を令和としたい」と発言し、了承された。議事概要では「令和」以外の5案やそれぞれの考案者、発言者の氏名は明らかにされなかった。

安倍首相「令和としたい」=新元号選定の議事概要公表

元号について「令」の意味がどうこうという話は多いが、もう一つの「和」については、つい30年前まで使われていた字を再び使うのは古びた印象があると評する人がいてもいいとは思うのに、まず見かけない。上記の報道で、同じように指摘した人がいたことを初めて知った。「和」という文字の重複についてはともかく、その意味合いについて、日本人の多くはあからさまに否定することを難しく感じるからだろうか。あるいは、やはりオンラインでごちゃごちゃと評している人々の大半が、「昭和」について当事者の自覚が無くても当然の、平成以降に生まれた人々だからなのだろうか。それゆえ、令和の次の元号が「平寧」とか「安成」などになれば、当事者としての自覚が生じるだろうか。

もっとも、和暦と西暦を変換するアプリケーションで過去の和暦を眺めてみたら(いちおう、そういうものを眺めて「平寧」とか「安成」という元号がないことを確認している)、同じ字を使う元号が連続している事例はある。ただ、昔はもっと頻繁に替わっていたので、何某かの連続性を示唆するために敢えて同じ字を使ったのかもしれない。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook