2018年02月15日に初出の投稿

Last modified: 2018-02-15

先日かるような違法行為なら拒否べきでもあろう。したがって、社員なら会社の命令を最優先して何でも従えと言いたいわけではないが、ここでは従業者の法的な地位やマネジメントの原則という話をしているのである。実際問題として代理店やクライアントの方が大事だよねとかいう、利害関係の「リアル・ポリティクス」の話をしているわけではない。こういう原則を忘れて、なんでもかんでも顧客の言うことに従うのが「その会社の社員としての」業務だと勘違いするから、ウェブの制作会社というのはクライアントのコントロールに失敗し続けて、常に赤字を抜け出せない体質となってしまうのだ。いちどそういう力関係になってしまうと、巨大広告代理店と制作会社とでは最初から業容の差が著しく大きいので、修復は非常に難しい。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook