2018年11月09日に初出の投稿

Last modified: 2018-11-09

これは本当に、最近の Google 検索に強く言いたいのだけれど、キーワードを入力したら AND 検索が常識だろう。何を勝手に OR 検索して、しかもキーワードの重みも適当な順位で決めてるんだよ。

無能は機械と同じように現行の成功した理論やアーキテクチャーをコピペしてコーディングだけしてたらいいのであって、機械学習とか遺伝的プログラミングとかまともに設計・実装・市場調査もできないくせに持ち込むんじゃないよ。しょせん君らの取柄はデータの「量」なのであって、無能な開発者に質など求めてはいない。どのみちプライバシー侵害しかやることがない会社なら、データの量だけ確保していればいいのだ。

そういや、このところ無料または安価に自動処理や学習理論の(怪しげな)応用が使えるようになったわけだけど、しょせん大多数のユーザに実装の是非を検証する知識なんてないわけであって、はっきり言えば出来損ないをつかまされているかどうか、別のリソース(もちろん情報科学やネットワーク理論の研究者の評価)を眺めたり、それらを理解できるていどには勉強した方がいい。大企業からベンチャーに至るまで、怪しげな「データサイエンティスト」なる連中がどこからか湧いてきてるし、いまや TensorFlow もリリースされてから今月で3年目を迎えるが、まともな実績なんて皆無だろう。できそこないをオープンで素人に使わせてフィードバックを積み上げるなんていう、それこそ10年前に流行った「beta version marketing (monetize)」がパブリシティと株価操作狙いのパフォーマンスに過ぎなかったことくらい、もう歴史的な事実として確定している。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook