2018年12月18日に初出の投稿

Last modified: 2018-12-20

添付画像

https://paperswelove.org/

Twitter で "How about more PapersWeLove at here?" と書いたら、何人かからオーガナイザーにされそうになったので引き下がったこともあった。結局はその後で3年くらい経過しているはずが、日本で誰もやり出す人がいないという現状らしい。結局、小手先の部分最適化しかできない小僧の集団にコンピュータ・サイエンスの古典的な論文など読んでも解説できる素養がないのは当然だが、学位をもっている人間がそもそもイベントに加わるのを避けているというのは、やはりその多くがイベントをマネジメントできない境遇にあるか、あるいは海外に行ってしまって東京や大阪でイベントを立ち上げる必要などないということなのだろう。

遠回しな言い方をやめるなら、要するに僕は日本の IT ゼネコンや IT ベンチャーやシンクタンクは、コンピュータ・サイエンスの「掃き溜め」だと言っている。悔しかったら、やはり PapersWeLove Shibuya くらいは立ち上げるのがよいと思う。JavaScript の些末なイベントとかやってる場合じゃないって、本当に。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook