2018年01月14日に初出の投稿

Last modified: 2018-01-30

飯間浩明‏ @IIMA_Hiroaki 私には密かな黒い趣味がありましてね。「ことばは本来の意味で使うべきだ」「ことばの乱れは嘆かわしい」と言っている人のブログやツイートを熟読するのです。すると、最近の用法、いわゆる「乱れた」用法がいくらでも出てくる。私は架空の赤ペンでどんどん添削して満足しているというわけです。

https://twitter.com/IIMA_Hiroaki/status/952001519422914560

世の中の常識とか決まりごとを「脱構築w」していくのって、学術的漫才としては2分ほど面白いんだろうけど、メタから「乱れているぞ」と指摘したところで何になるのかという議論を展開しないと、コミュニケーションの目的や動機を軽視することになる。凡人すら、そんなことは望まないだろう。

前から「木梨憲武論法」と言ってるけど、逆説的な表現を目で見ただけでウィットに富む知的な指摘であるかのように思い込むのは、いいかげんにやめた方がいい。あれは言葉を入れ替えてみて馬鹿げた意味になるかどうかを「気にしてません」という態度を面白がるのであって、正否などどうでもいいのよ。そして、こうした正否を問わないでものごとを相対化したり、元のフレーズを希釈化するというのが、間接的に朝日がある」などと思わせる情報操作に貢献してるわけ。こんなのは広告業界にいれば初歩的な手法だ。左や右の通俗的なイデオロギーなんて関係ないんだよ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook