2019年05月09日に初出の投稿

Last modified: 2019-05-09

物を借りている人は『善管注意義務』をもって保管しなければなりません。簡単に言えば、一般的に要求される程度の注意義務が必要ということです。借り主である従業員は、自分の物を使うよりも注意して使う必要があります。ステッカーを貼るかどうかについても慎重に判断する必要があると言えます。きれいに剥がせないステッカーを貼ったということであれば、善管注意義務に違反している可能性が高いでしょう

IT社員あるある「ステッカーだらけ」のノートPC、法的に大丈夫?

当社でもディレクターやセールスを始めとしてノート・パソコンを個人に貸与しているけれど、別にステッカーを貼る人なんて殆どいないし、貼っても別に何も気にしないね。そんなことは仕事ができるできないと何の関係もないことだ(もちろん NDA に関わる場合は別だが)。あと、現実には社員がノート・パソコンを会社へ返却するときは退職時であり、1年や2年で辞めるならともかく、3年以上も使ってたノート・パソコンなんてスペックとしては廃棄処分するしかないし、僕の経験では2台に1台くらいはディスプレイのヒンジが壊れてたり、キートップが幾つか割れてたり、誰かに使わせて士気が下がる方が困る。つまり、どのみち返してもらったマシンは廃棄するのだし、私物化していいとは思わないけど、ステッカーを貼るくらいのことなんて役職者としてなんとも思わないね。記事では他社のステッカーを貼ると自社に不満がある兆候だと思われるとか言ってるけど、そもそも「兆候」を見つけてから対処するなんて気楽なことをやってるのは大企業の人事だけだよ。ベンチャーや小規模な会社で働く人間というのは、たいていはいきなり辞めるのであって、自社に不満があるという意味で兆候が出たら、既に遅いのだ。

あと中身についても、基本的に ESET を入れる他には、どういうソフトウェアを入れようと気にしてない。もちろん、Fortigate で監視してると、本社から離れた営業所の何人かが夜になるとアダルトサイトにアクセスしてるのは知ってるけど、当然のようにブロックするべきところはブロックしてるし、アダルトサイトのページじゃなくてもページで読み込んでる外部の ad network が不必要な情報を JavaScript で抜き取るクソだったら ESET か UTM がアクセスを遮断してる(ページを見てる本人は、一部のバナーが出ないくらいにしか気づかないだろう)わけで、そのていどで一定のセキュリティ・レベルが保てる社員しか当社にはいないんだよね(笑)。幸か不幸か。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook