2017年03月03日に初出の投稿

Last modified: 2017-03-03

マクタガートの訳本を眺めて思うのだけど、もうそろそろ永井さんの「わたしは特殊」(=特別)という自虐なのか自慢なのか実は微妙なパフォーマンスは、若い世代には通用しないのではないかな。特に僕らみたいな、自意識系あるいはセカイ系と言ってもいいだろうけど、天下国家や形而上の概念を扱っていながら、実は自分のコンプレックスや狭い関心を満たすだけの話をしているような人の議論を全く評価しない人々には無効だと思う。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook