2019年09月06日に初出の投稿

Last modified: 2019-09-06

添付画像

会社の備品として置いてあるメディアを適当にもらってきて(厳しいルールを敷いている会社なら利用するたびに管理するのだろう)、そのままにしてあると、CD-R なのか DVD-R なのか Blu-ray なのかと悩むときがある。

冷静に思い出すと Blu-ray のメディアを裸で放置してるわけがないので、ケースどころかポケット式の不織布にすら包んでいないメディアが Blu-ray のわけはない。それに、Blu-ray は記録面が鏡面のようにきめが細かくなっていて、見るからに高級品の印象がある。

すると、CD-R と DVD の見分け方なのだが、検索しても写真を掲載せずに規格の解説だけしてるゴミのようなページが大半を占めていて、しかも検索結果の大多数は「見分け方」ではなく、単なる分類の話をしている。こういう機会ですら、いかに Google の検索の質が悪いかが分かる(はっきり言って自然言語の愚かな解析などしなくてもいいのだ。完全一致だけで探せばいいのに、スケベ根性で関連する商品のページがないかどうか探そうとするから、こういうことになるのだ)。答えとしては、DVD-R は虹色かかっていて、CD-R は白っぽい。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook