2018年08月10日に初出の投稿

Last modified: 2018-08-10

添付画像

古い写真が出てきた。2004年6月というから、もう15年近くも前になる。前にいた会社の慰安旅行で香港へ行ったときに撮影した、「女人街」と呼ばれる夜間のマーケットの風景だ。「女人」と言われるように、女性用のシャツとか装飾品を売っている店が多い。もちろん「男人街」というのもあって、そちらは男性用の商品が多い。幾つか買い物をして、日本の女性雑誌の見出しをプリントした奇妙な半そでのシャツが残っている。夏場になると年に1回は着て出社するのが恒例になっていて、地下鉄の車内でもクスクスと笑いをとっていたものだが、最近はこういうのをわざと着るのは「あぶない人」という扱いになっているのか、それとも笑うと逆切れされて危害でも加えられると思っているのか、往来では「客」のリアクションが悪くなった。社内では恒例なので、何人かは「またそれ着てるんですか」という反応を示すのだが、社内でもだんだんリアクションが薄くなってきていて残念だ。

不真面目? 常人の3倍以上の生産性を誇る人間に向かって、何を言ってるの? 真面目に仕事しろと言いたいのはこっちだね。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook