2017年12月15日に初出の投稿

Last modified: 2018-01-30

PsycheRadio(水漏れ再発)‏ @marxindo よくいじめっ子に「いじめられる子の気持ちを考えましょう」なんて言う人がいるけど,いじめられる子の気持ちがちゃんとわかるからこそ効果的にいじめることができているんだよね。ソーシャルスキルが低いからいじめてるんじゃなくて,ソーシャルスキルが高いからいじめる側になる。

https://twitter.com/marxindo/status/941154667718787073

ソーシャルスキルが高いから苛める側になる? 表面的にはそれらしいレトリックだけど、なんの根拠があるのかな。もし、昨今のテレビドラマとかアニメで描かれるような計画的で狡猾な苛めを念頭に置いてるなら、それは間違い。あれはただの少年犯罪(窃盗、恐喝、暴行などなど)だよ。子供に「人権」があればこそ、被害者のためにも、加害者の更生の機会を作るためにも、ただちに検挙するのが当然だ。子供に人権を認めて社会の一員として扱うのはいいけど、それなら学校によっては 1,000 人くらいの人が集まって生活している場所に交番がないのも変な話なんだよ。保健室があるのに交番がないのは、僕には筋が通っていないと思える。教師に警察官の代わりは無理であって、場合によっては正当に実力行使できるのが社会であり権力だとわからせるのが当たり前だろう。

人権を有するとは、ごくふつうの人として扱われるということであって、何か尊いものとして保護されるなんて意味ではないよ。

それから、プライバシーマークとか ISMS とかの JIS のマネジメントシステムを運用するにあたって僕が自社でのメタレベルの運用方針としていることでもあるけど、モニタリングやログは重大事に原因を特定したり、自分たちの正当性を守るために運用するのであって、潜在的な犯罪者を監視するのが第一の目的ではない。学校に交番があっていいというのも同じことで、こういうことを書くとすぐに「監視社会」とか言い始めるハードボイルドな世界に陶酔してるような人々が出てくるわけだけど、センチメンタルなヒステリーにすぎない。それは全く従来どおり技術の扱い方によってどうにでもなるのである。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook