2017年02月01日に初出の投稿

Last modified: 2017-02-01

日けて対処している。それぞれの部署や職能には、その会社にとって不可欠な業務をしていれば必ず特別な機能や価値それからリスクがあって、それらをプロフィットか管理系かにかかわりなく公平かつ正確に理解するのが経営者の仕事だ。したがって、役員たるもの、「営業部出身」とか「経理部出身」などという自意識にとらわれている時点で、その人物は経営者としては無能なのである。もちろん出身部署の専門知識は活かして良いが、それは会社全体の利益のために役員会での議論へ反映させるものであって、出身部署の利益誘導に使うのは、特別背任ではなくても会社の利益を損ないかねない「偏向」である。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook