2017年11月22日に初出の投稿

Last modified: 2017-11-22

William McGeveran @BillMcGev Uber hack of 57 mil users is bad. But what about (1) paying for coverup; (2) apparently violating state breach notification laws; (3) presumably lying to FTC during settlement talks? Sounds like state consumer protection liability, maybe criminal violation of 18 USC 1001...

https://twitter.com/BillMcGev/status/933117157361188864

このツイートを受けて Paul Ohm が "Just this week, I quipped in a paper workshop about Uber (for the 2nd time this year) that the company was essentially run like a criminal enterprise. I thought I was joking. Now I'm not so sure..." と書いている。結局、信夫君とかには悪いけど、しょせんは白タクに過ぎない Uber のようなビジネスがどうして規制されるのかという事情を経済という仕組みだけで分析するのは限界があるってことではないかな。僕は『医学と仮説』のあれこれを批評してるけど、津田さんがアウトブレイクに過剰な警戒を訴える動機は理解できる。先にイノベーションを起こして後から不具合を修正すればよいというリバタリアンのアプローチは、「最初に被害を受ける人々」を発展のための人身御供と見做しているんじゃないのか。

僕は、科学哲学の勉強をすればするほど、教科書的に「乗り越えられてきた」かのように描かれている論点や主張が、さほどクリアな議論で駆逐されているわけでもなければ、殆ど研究者の多くが「議論に飽きた」から放置しているだけにすぎないのではないかと思えるものも多いという印象を持っている。例えば、日野の仕事になって他人の縄張りに入るとでも思っているのか、具体的な成果を上げる人は多くない。なんでいまだに日本にはフェミニズムのアプローチで書かれた科学哲学や科学史の教科書は殆どないのか。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook