2018年04月07日に初出の投稿

Last modified: 2018-04-07

数日前から当サイトと philsci.info で、文章に該当する文字データの要素、つまりは一部の p 要素ということだが、それらに対して冒頭の字下げをスタイルシートで適用した。text-indent: 1rem;(注釈は font-size が 0.8rem なので、ここは text-indent: 0.8rem としてある)という何の変哲もない処置だが、もっと早く使っておくべきだったとは思う。もっとも、段落の冒頭を字下げしなかったために読み手へ誤解を与えた可能性がある表現というものは、過去の文章には一つもないはずだが。

あと、やちまた関連の記事や鹿持雅澄関連の記事などに使っていたページ冒頭部の背景画像は、コントラストが高すぎて一部の見出しは色を反転させないといけなかったので、そういう無駄な処置をしなくてもいいように薄くした。というか背景画像を使うこと自体が無駄と言えば無駄なのだが、本来はサブサイトとしてぜんぜん違う体裁で作っても良かったコンテンツだから、せめてこれくらいの装飾でカテゴリーとしての統一感は維持したい。

なお、現在は1ページしかないが、船場センタービルの記事も複数になる可能性が高いため、これも後からカテゴリーの記事として再配置すると思う(CMS を使っているわけではないから、そういうことは後からでも自由にやれる)。

あと、MD では初めて書くのかもしれないが、短いあいだだけ yamahata.info というサイトで東大阪市の「山畑古墳群」について扱っていた。これも独立したサイトとしてコンテンツを維持するほどのものではないと思い直して、サイトを閉じたりドメインを放棄した。しかし、コンテンツそのものは MD のサブサイトとして作り直したい。これは、いちおうプロの制作者として公式の史跡サイトを凌駕する内容とデザインで作りたいので、まだ公開までには時間がかかる。まぁ、年寄りのホビーといったところか。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook