2017年08月22日に初出の投稿

Last modified: 2017-08-22

"Free" が常に "free from something" だとすれば、それは既存の制度なり組織を否定してこそ成就するのではないか。したがって、或る会社のポリシーに違反する意見を表明する自由があることと、その会社が当該の従業員を解雇できることは何も矛盾していないと思う。ということで、Google を解雇されたダモアさんの一件を色々と読んでいて、近いうちにまとめようと思っている。既に英語版の Wikipedia には(凍結されてるが)一定のまとまった記述があるのだけれど、日で先にまとめておくのもよかろう。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook