2018年07月17日に初出の投稿

Last modified: 2018-07-17

僕の赤坂オフィスは「夢を抱いたベンチャー経営者の〝梁山泊“」と言われて久しいが、大澤君は、「WE’LL」創刊のころから常連の一人だったが、「先進諸国に比し、日本の大都市は身体障害者に対する配慮が足らない・・・」などと、凡そ本業とは関係のないことを僕に熱心に訴えていたものだ。

特別顧問 野田一夫

会社概要|株式会社オヤノコトネット

学者としての業績が皆無のくせに、三流大学の肩書だけ並べてベンチャー経営者の「梁山泊」とは恐れ入る。少し調べたら分かるけど、この人って*ムウェイの関係者だからな。あと、どうも僕がリ*ルート出身者の生活関連ビジネスというのを常に胡散臭いと思ってるのは、ともかく電*マンと同じでイベントに仕立て上げようとする感覚なんだな。ビジュアルとかを整えるのは得意だし、コピーや文章も得意な人が多いからとっつきやすいけど、底が浅いんだよね。この手の連中がやることって。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook