2018年03月14日に初出の投稿

Last modified: 2018-03-14

SAKURA のマネージドサーバで、既存のメールサーバで運用しているメーリングリストを移植している。だいたい30くらいあって、中には全社員+役員宛のメルマガとか全社通知用のリストとか緊急通報用のリストなどがある。で、問題があるのは、メーリングリストへメンバーを追加する最も簡単な方法は、もちろん管理用コマンドをメールで送れるようにして、メールでいちどにメンバーを追加することなのだが、そのためには僕のメールアドレスを最初に登録しておく必要がある。それ以外だと、手作業でメンバーを一つずつ追加していかなくてはならない。プログラマが、そんな臭っさいことやってられん。

しかし、全社員を毎回そうやってメールで登録するのも馬鹿げているので、全社員に転送できるフォワードをメーリングリストのメンバーとして登録できないものかと試してみたら、SAKURA のメールサーバなら可能だと分かったので、(1) UNIX アカウント「甲」を作成する、(2) 「甲」を転送専用にする、(3) 全社員のアカウントを「甲」からの転送先にする、(4) メーリングリストのメンバーに「甲」だけを登録する。これで、全社員に送るメーリングリストを増やしてもよし。社員の入社や退職に際しては、「甲」の転送先を編集し直せばいいだけだ。でも、これまで使ってきた qmailadmin(qmail + vpopmail + postfix)だと、いちいち UNIX アカウントを作らなくてもフォワード設定を作れたんだよね。まぁ、その代わりメーリングリストのメンバーにしたら怒られたので、メールサーバによって得手不得手があるのだろう。Courier というのは初めて使うので、これから調べてみよう。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook