2018年03月20日に初出の投稿

Last modified: 2018-03-20

添付画像

http://www.say-p.co.jp/

日本年金機構からの受託業者さんらしい。メンテナンス中ということだけど、まぁそらそうだな。で、Google のキャッシュを見ると、プライバシーマークの付与事業者だし ISMS も認証されている。もちろん、実務家として断言するけどこれらの第三者認証や認定そのものは、取得したり維持するだけなら簡単で、僕らのような専任の人員すら必要なく、多くの企業では総務とか法務の人が片手間に運用している。ベンダーさんの多くにおいても、ここのようにマイナンバーの取得・管理のシステムを開発していようと、社内に個人データ保護の専任者なんていないのが当たり前だし、それどころか IT ゼネコンや一部のベンチャーを除けば情報セキュリティの専任者すらいないのが普通だ。よって、こういうことはプライバシーマークや ISMS を取得したり認証されているかどうかにかかわらず起きる問題なのである。だからといって、こういう認証が不要かと言えば、僕はそうは思わない。こういうことすらなくなれば、体裁だけでも何かやっておこうという事業者すらなくなってしまうわけで、情報サービス産業はブローカーのやりたい放題となってしまう。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook