2018年09月21日に初出の投稿

Last modified: 2018-09-21

添付画像

会社のマシンでは5年以上も前から互換シェルは使わなくなった(というか、それまでは LiteStep を業務マシンで使っていたということになる<笑)のだが、デスクトップ上のポップアップ・メニューという UI 機能はどうしても捨て難いので、黒田剛さんの Orchis (17.1225) を使わせてもらっている。かつて、Fizz さんという互換シェルの(言わば本物の)ヘビーユーザが、互換シェルというものはポップアップ・メニューかトレイさえあればいいんじゃないかという名言を吐いたことがあるけれど、まさにそうだ。タスクバーやデスクトップ・アイコンなんて、僕には全く必要ない。

さて、その Orchis で表示されるメニューのトップがこれなのだが、Firefox 系統のブラウザが三つもある。Scrapbook アドオン用にわざと入れてある古い Firefox はともかく、最新の Firefox と Cliqz はどちらも Quantum なので、二つも使う必要はないし、使い分ける意味もない。Cliqz はプライバシー保護に特化したブラウザなので、アドオンの大半が使えないようになっているのだが、これは幾らなんでも極端だし、ブラウザのベンダー依存とアドオン開発者への依存とは、どちらが「よい」と言えるかは自明ではないので、Cliqz は使うのを止めようと思う。どちらが「よい」のか断定できない以上は、選択の余地を残す方がいいからだ。(アドオンが信用できないなら、Firefox のままアドオンをインストールしなければいいだけである。)

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook