2018年12月11日に初出の投稿

Last modified: 2018-12-11

中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

IT導入補助金

ただいま全国の中小企業さんを対象にして「IT導入補助金」という制度が始まっており、申請を受け付けている。要するに IT を活用して業務を効率化したり売り上げに貢献するような施策を実施するにあたって、資金を補助しようというわけだ。当社でもサービスを提供して、申請の手続きについてコンサルティングをやったり、色々と忙しくしている。簡単に言えば「当社のサービスを補助金で導入できる」ということなので、企業さんにとっては導入資金がゼロになるという話だ。

しかし、補助金の話ばかりを DM でばら撒いているせいで勘違いする中小企業さんからの問い合わせも増えている。たとえば、コーポレートサイトをリニューアルしたいので、補助金でやってくれという相談だ。だが、当社はサイトの制作もやっているが、補助金で受注するような予算規模の案件はやっていない。広告代理店案件だと、10ページほどのキャンペーンページを制作する場合でも四桁後半ていどの金額になるからだ。こういう場合、オンラインサービスの運営事業とウェブサイトの制作事業を二本立てでやっているベンチャーというのは、相手に混乱を引き起こす場合がある。

それはともかくとして、IT導入補助金でリニューアルしたいというサイトを見てみた。事業所を5つも構えている明治創業の建築資材会社のようだが、サイトの様子から2006年に制作したまま放置されていたもようだ。そのあいだに、オンラインでの広告費・ブランディング予算を12期も内部留保で確保せずに、ようやく公的補助で自分たちの「オンライン支社」を作り直そうというわけである。実際にリニューアルするかどうかは分からないが、これがいかに虫のいい、そして企業の経営者として恥ずべきことであるかは、少し反省してもらいたいとは思う。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook