2019年04月08日に初出の投稿

Last modified: 2019-04-08

センスを理解してもらえるかどうか微妙な話なのだが、公園や川べりにあったりする、やや落差の大きな階段やブロックをストンと降りて着地するとき、どういうわけか膝から脚の付け根にまで至る部分、つまりは太ももと呼ばれる部位へ加わる衝撃が心地良い。特に「大腿骨頭」と言うらしいが、脚の付け根にある、骨盤と噛み合う大腿骨の先端あたりに加わる衝撃が気持ちいい。あまりにも衝撃が強すぎると、もちろん脚が体重を支えられずに崩れ落ちてしまうだろうから、そこまではいかない程度の衝撃だ。そういえば大腿骨の端、つまりちんちんの横あたりは、他人にグリグリされるとくすぐったい。もともと過敏なのかもしれないな。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook