2018年02月26日に初出の投稿

Last modified: 2018-02-26

3名以上のメンバーが所属するコミュニティがfeverに“上場する”ことで、コミュニティの価値を表す「コミュニティコイン」を発行できる。コミュニティの活動に共感したり将来性を感じたりしたユーザーは、発行されたコインの購入を通してコミュニティへの金銭的な支援を行うことができる。

株式のようにコミュニティの価値を売買できる「fever」が3月オープン、事前登録ユーザーは3万人超える

なんだか「上場」ということにすごいコンプレックスをもってるようだけど、株式を公開するということの意味を履き違えているよなぁ。まぁでも、内部統制だ監査とやった挙句にロクな収益も出せないで経営陣の首を銀行にぶった斬られるところもあるわけで、それに比べたら、なんちゃって上場というのは遊びとしてはよいのだろう。集まってるグループも、町興しだ、ドローンレースだ、ブロガー小僧のカルトだと、まぁ遊び半分みたいなことしかしてないようだし。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook