2018年02月11日に初出の投稿

Last modified: 2018-02-11

Kali Linuxとは何か?ペネトレーションテストとは何か?活用テクニックを解説。Kali Linux の apt-getコマンドを 使いこなしてみる。Kali Linuxで 起動USB を作成。設定も保持できるpersistenceを設定する方法を解説。Kali Linuxの インストール方法を説明。ペネトレーション(侵入実験)の第一歩を解説。Kali Linuxの インストール方法を説明。ペネトレーション(侵入実験)の第一歩を解説。言語選択は日本語で進めていきます。Crunchを使い、Hydraなどでブルートフォール攻撃(総当たり攻撃、辞書攻撃)をする際に必要なワードリストの作成方法を解説。Kali Linux を使いこなし、ペネトレーションテスト(侵入実験)を実行する。http編Kali Linux を使いこなし、ペネトレーションテスト(侵入実験)を実行する。ssh編Kali Linux を使いこなし、ペネトレーションテスト(侵入実験)を実行する。telnet編

httpサーバへのペネトレーションテスト(侵入実験)

こういう、自サイト内のリンクをグルグルとアダルトサイトのようにたらい回しにしてページビュー数だけを稼ぐという、二流の広告代理店やチンピラ SEO 会社(チンピラで無い SEO 会社を探すほうが至難だが)によるある手法だ。要するに、素人の高校生や大学生や新卒が食らいつきそうなキーワードでページを量産し、適当なリンクを混ぜておくという具合である。もちろん検索結果の汚染なので、僕らはこんなものは全く歓迎しないし、場合によっては Google に「ディストリビューション」として通報してもいいわけだが、実は何度も書いているように情報セキュリティのプロが書いているリソースがあまりにも少ないので、こういうことになるのだ。

この他、学生さんが書いたメモ帳みたいな Qiita のページなど色々とある。はっきり言って、このレベルのメモをオンラインで公開して「誰かの役に立てば(ポッ」などというセンチメンタリズムが通用していたのはパソ通の頃だけであって、既にこんなものはインド人の小学生にすらションベンをかけられるレベルの「クソ文書」だ。君たち日達の無能や怠惰を棚に上げて、他のアジア諸国をチンピラ構成作家風情などと共に文化僻地からバカにするような悲惨な人生を送ることになるだろう。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook