2019年03月12日に初出の投稿

Last modified: 2019-03-12

添付画像

タスクトレイとマウスカーソルの横にIMEの状態を表示します。

ImeTray64 IMEの変換モードをマウスカーソルの横やタスクトレイに表示して状態を判りやすく(64bitに完全対応!) (邪魔な IMEツールバーをタスクトレイに入れる。(ATOK、Google日本語入力対応))

僕は日本語を入力する際に IME を On としているが、英数文字を入力するときは Off にしている。IME が On の状態で英数文字を入力する人もいるだろうが、僕は英単語をタイプしているときに「変換中」を表す下線が付くのが許せないのである(笑)。アルファベットに変換など不要だからだ。そして、本来は日本語の入力においても「変換」などという操作が当たり前であるかのように思っていてはいけないのであって、手書きと違って「変換」などという手間がかかるのは、自然言語にかかわるインターフェイスというものについて人類の技術が未熟な段階であり、IME などという不合理なソフトウェアしか手立てがないからにすぎないのだ。考えてもみよ。紙に鉛筆で「ぼくはかわもとたかゆきです。」と書いてから、「ぼく」や「かわもとたかゆき」を消しゴムで消して「僕」や「河本孝之」と書き直す者がいるか?

ということで、仕方なく IME というものを使っている。したがって、どのみち使うなら効率よく使える方がいいので、おもむろに何かを入力するときに IME の状態が分からなくて「”いt’sようrふぁうlt。”」("it's your fault")などと愚かな文字列を入力してウンザリすることが少なくなるよう、IME の状態を通知してくれるソフトウェアを便利に使わせてもらっている。上記の ImeTray がそれだ。Windows にも、IME を切り替えると画面の中央に通知する機能があるにはあるが、表示が遅くて使っていない。それにしても、調べてみると IME の状態を通知するソフトウェアは選択肢が限られているようだ。自宅のマシンでは akinosign というソフトウェアを使わせてもらっているが、これは Windows 10 では動かない。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook