2018年04月12日に初出の投稿

Last modified: 2018-04-12

デジタル花見とかいうのが流行っているらしく、社内の会議室でプロジェクターに桜の写真を映して軽食を摂るという催しにしている会社が増えているそうな。幾つか理由はあるが、名所と言われるところは混むので日程をずらした方がいいということ、そして例の場所取りは昨今だとパワハラとなる可能性があるからだ。だいたい、こういうものは新卒が買い出しや場所取りをやらされることが多く、人数の多い会社だと広い場所が必要となり、他社の人員に場所を奪われまいと寝ずの番をさせられる事例もあると聞く。そういう下らない風習は、もちろん消えてなくなっても何の文化的喪失にもならない。こんなものは「伝統」などではないからだ。

で、そういう催し物を終わった後で Windows Update が終わったとのことで再起動すると・・・「他のユーザ」というログイン画面が出てきて、しかもログイン画面が5秒もしないうちに消えて Windows が再起動してしまう。放っておくと、それを延々と繰り返し始めてしまった。結局、3時間ほどかかって Windows 10 のイメージ・ファイルを DVD に焼くところから始めて復旧したのだが、最近の Windows マシンは F10(hp マシンの場合は BIOS 画面を出す)や F11(hp マシンの場合は回復コンソールを出す)を頻繁に叩いても、すぐに Windows のログイン・シーケンスへと移行してしまう。起動なんて、もうちょっと遅くなってもいいから、少しはインターセプトする余裕くらいもたせたらいいのに。なにせ、ホモ・サピエンスがコンピューティングと呼ばれる処理で最も反応が遅い部品なのだから。

ちなみに復旧したのは、直前の復元ポイントではなく隠れていた復元ポイントへ戻したからだった。これが失敗したら、もう Windows 10 を初期化するしかないのか(明日は経営会議で書記の当番になっているため、そんなことをやっている場合ではない)と焦ったが、復旧して良かった。というか、このマシンも今年の11月で7年目に入るので、そろそろ買い替えた方がよさそうだ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook