2018年10月12日に初出の投稿

Last modified: 2018-10-12

依然として Twitter, Inc. からは、本国にしろ日本法人にしろ音沙汰が無い。よって、過去に作成したまま放置してあった幾つかのアカウントから適当なものを選んで復旧させた。今回はプライベートな目的で「リンクのシェア先として投げる場所」というだけのものだから、家族とフォローしあうだけでプライベート・モードにしてある。もちろん誰のフォローも許可しない。

ということで、既に登録したときに使った(そしてロックされたがために自分では変更も削除もできなくなった)メールアドレスは放棄しなくてはならない。他にアカウントを作るときにも、恐らくは重複しているといってエラーになって使えなくなるだろうから、新しくアカウントを作成しなくてはならないだろう。こんなふうに、第一種過誤で本人の情報へのアクセス権を奪っておきながら何の対応もしないというのは、もちろん日本国内の個人情報保護法に照らしても明白な違法行為であるが、しょせんソーシャルネットワーク・サービスを提供するデータ・ブローカー(あるいはプライバシー利用業者)風情に法律を守れと言ったところで、芦屋の山口組本部で刑事訴訟法の市民勉強会を開きたいと申し入れするようなものだ。(ちなみに関西の人間には「芦屋」と聞いて高級住宅街をイメージする人は多いが、同時に単なる山口組本部のあるところだとしか思っていない人も多い。なぜなら、芦屋なんて別に大昔からの由緒ある土地でもなんでもなく、昭和以降に成金が丘陵地へ競って家を建てた場所に過ぎないからだ。)

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook