2019年07月27日に初出の投稿

Last modified: 2019-07-27

添付画像

今年の初めに業務マシンを新調した際に、マシンの写真は別のページに掲載したのだが、机の様子は紹介していなかったので、ここで紹介したい。

まず状況の説明をしておくと、奥の部屋が消灯しているのは僕以外の社員がいないからだ。先週の経営会議が終わった後に懇親会をやって、それも終わって「中々」(という居酒屋が堂島にある)から会社へ戻ってきたときに撮影したのが上記の写真である。一人だけデザイナーが仕事をしていたが、零時前に帰った。

それほど雑然とした机ではないと思うのだが、やはり右側の書類ボックスや封筒を入れる箱などは別の場所に置いた方がすっきりするのも確かだ。そして、モニターが右にあるけれど、これは FreeBSD のマシンに繋がっていて、実際には使っていない(Windows からターミナルで入っている)。これも勿体ない話で、いくら alt + tab の切り替えに慣れているとは言っても、マルチ・モニターを使いたくないというわけでもないし、幸か不幸か退職者が続いたせいでモニターは余っているため、今年中に右側は整理してマルチ・モニターにしようと思う。

写真には映っていないが、左側の壁に面して資料を入れたボックスが5段ほど積み上げてあり、その隣に移動式のキャビネットがある。ISMS/PMS の規格書や参考書を並べてあるのだが、下段には殆ど使わない資料や終了した案件の資料が置いてあり、IIS さんから送ってもらっているニューズレターもたくさん置いてある。が、これらもそろそろスキャンして廃棄するべきだ。背後にある鍵付きのキャビネットには、それこそプライバシーマークの審査を初めて受けた14年前の帳票すら残っていて、もう今年以降の帳票を保管するのが難しくなってきている。こんなものは3年前くらいまでは全てスキャンして廃棄してしまえば、キャビネット1台ぶんの書類でも 25GB の Blu-Ray で1枚に収まるはずだ(ちなみに、こういう帳票は字が読めたらいいので、解像度を 120dps 以上に上げるのは無駄だろう。旧家で発見した『源氏物語』の写本をデジタライズしてるわけじゃないんだから)。

余談だが、電話に盤面に付けてある明るい赤橙(当社のコーポレート・カラーだ)のシートは、このテナント・ビルへ会社が移転したときに、僕がデザインして社内に展開したものだ。社員の要望に応じてピンクや白で出力して渡すこともある。もっと大きな写真にすると取引先名やサービス名や部門名が記載してあるため、会社が・・・まぁちゃんと当サイトのコンテンツを使って調べたらわかると思うが、僕の所属企業が特定できてしまうので、それは控える。ただし、Illustrator を扱える事務屋のおっさんが頑張って作りましたというレベルでないことくらいは明言しておく。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook