2018年06月18日に初出の投稿

Last modified: 2018-06-18

添付画像

さきほど朝の8時前に起きた地震は、梅田康弘さん(京都大名誉教授)によると、「有馬高槻断層の南端と上町断層の北端がクロスするあたりが震源と思われる」とのことだ。僕は上町断層の北端か佛念寺断層のあたりかと思っていたが、もっと東へ寄った別の場所が震源のようだから、上町断層の「ガス抜き」になって良かったどころか、逆に上町断層を刺激した可能性もある。くわばらくわばら(こんなセリフを書くのは、もう年寄りの証拠なのだろう)。とりあえず、僕は NHK の報道を 8:30 くらいまで観てから家を出て、いつものように船場センタービルを通ってから本町で北へ向きを変えて出社した。会社に着いたのは 9:35 で、二人ほど社員が出ていたけれど、大半の人員は電車も動いていないために自宅待機である。もちろん、電車が動いていようと自宅の原状回復とか家族のケアとかを優先するよう指示が出ているので、別に急いで出勤する必要などない。

僕は本日はいつもより遅く家を出たので、路上は通勤する人々が多くいたのだけれど、いつもどおりの混雑具合なのか、それとも違う様子なのかは判断がつかなかった。でも、Osaka Metro が動いていないので、タクシーを拾おうとする人はたくさん見かけた。特に堺筋や御堂筋のような広い幹線道路では、勤め人と観光客とでタクシーの奪い合いになっているようだった。それでも、船場センタービルの地下一階を通った限りでは、相変わらず人が少ない。もっとも、わざわざ交差点を渡って中央のビルの地下一階へ降りて東西へ歩くなどという不合理な振る舞いをする人の方が少ないのは当然だ。おまけに余震が起きる可能性を考慮すれば、わざわざ地下を通ることもない。船場センタービルのテナントに勤めているならともかく、そうでもない限りは、ここを通過する合理的な理由はない。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook