2019年05月24日に初出の投稿

Last modified: 2019-05-24

添付画像

メッセージ記法

ChatWork では「メッセージ記法」と呼ばれている幾つかの専用マークアップが使える。"[info]...[/info]" でメッセージを枠で囲んだり、"[title]...[/title]" で、その枠の冒頭にタイトル欄を付けられる。その他、絵文字の参照用とか、等幅フォントでコードを記述するための "[code]...[/code]" とか、幾つかあるので、上記を参照してもらいたい。いずれにせよ、いまどき相当に貧弱なマークアップなのだが、チャットというアプリケーションの特性から言って、メッセージをリアルタイムで共有するというパフォーマンスを重視すれば、このようなパースを組み込みすぎると本末転倒であるという理屈も分かる。したがって、メッセージ記法という機能の是非については特にここで問うつもりはない。

しかし、これまで何度か書いているように、既に実装されている機能については批評しておきたい。僕はいま述べてきたような観点を共有するシステム・アーキテクトとしてだけでなく、一人のユーザとして長らく違和感を持ち続けているからだ。それが、上記で掲載しているメッセージのパディングである。[info] ... [/info] のメッセージ記法でメッセージを囲むと、このような枠線が表示される。そして、ChatWork という会社が「ECStudio」と名乗っていた頃からの仕様として、メッセージ記法の「開始タグ」の直後にメッセージを書いてもパディングされるのに、メッセージの直後にメッセージ記法の「終了タグ」を書くとパディングされないのである。よって、単なる審美眼の問題と言えばそれまでかもしれないが、上下のパディングを均等にとってメッセージを表示しようとすれば、冒頭は改行なし、末尾は1行だけ空行を挟んでメッセージをメッセージ記法で囲む(もしパディングが不要なら、冒頭は開始タグに続けて改行せずにメッセージを書き、末尾はメッセージを改行してすぐに終了タグを書く)という、何の合理性なり理由があるのか分からないルールでメッセージをマークアップしなくてはならない。

なんのかんの言っても「マークアップ」と名の付くサイトを運営して20年近くになる人間から見れば(笑)、このような仕様は不可解としか思えない。他にも、数年前に ChatWork のフィードバックとして(6739060)、同じことが指摘されているが、運営側の回答としては「現時点では、[/title] の後に改行を入れずにテキストを入力いただけますと幸いです」と言うだけである。しかし、改行を入れずにテキストを入力するなどという馬鹿げた行為をルールにするくらいなら、メッセージ記法など禁止した方がいい。枠でメッセージを囲むのは、利用している企業ごとにそれぞれ用途があるとは思うのだが、しょせん常識的な意味が決まっていないプレゼンテーションは複数人が共同で意味論を共有しないで使うメッセージ・サービスでは逆に混乱の元である。誰かは「線で囲むと強調したいのだ」と理解し、別の誰かは「線で囲んでいるのは覚書なのだろう」と理解し、また別の人は「単に自分のメッセージを読んでほしいからやってるだけで、内容の軽重とは関係がない」と無視するかもしれない。こうした《意味》を少なくとも社内や部内で共有しないで勝手に使っても、逆に混乱を引き起こすだけなのだ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook