2017年12月26日に初出の投稿

Last modified: 2017-12-26

27日(明日だ)に公開する予定のサイトで使う問い合わせフォームなどが四つほどあって、今日中に全てのフォームを実装完了する。いつものように与件や動作仕様が何もないため、こちらで「いい感じ(語尾上げ)」に仕上げないといけない。とりあえず、(1) 氏名のフリガナを平仮名から片仮名へ統一して、(2) 入力値の上限は文章も含めて一律 6,000 バイトとして mb_substr() で切った。それ以外のサニタイズやバリデーションは、僕が使っているクラスをそのまま使っている(なぜか僕がコーポレートサイト用に書いたライブラリを制作部門が好きに使ってるらしいが)。

入力値の文字数を制限する場合、もちろん厳密にやるなら種類ごとに「郵便番号は7桁以内(まだ3桁だけで書く高齢者もいる)」とか、「電話番号は15桁以内(国番号を入力する人がいないとも限らない)」とか、「メールアドレスは RFC 2821 に従って256バイト」などと決めるかもしれないが、メールアドレスや電話番号として入力される文字列の桁数を 6,000 バイトまで許容したところで、馬鹿げた文字列を入力して損をするのは当人である。また、昔は多くの文字列を許容するとサーバの動作がどうのとか牧歌的なことを言っていたものだが、いまどき項目数10個ていどの POST 送信を同時に 100 件くらい受けたていどで動作が重くなるウェブサーバなど、ロリポップですら採用していないだろう。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook