2018年03月08日に初出の投稿

Last modified: 2018-03-08

みなさーん、これが個人情報保護委員会が公認する「直接書面取得時の利用目的明示義務」(個人情報保護法18条2項、行政機関個人情報保護法4条)の実施例ですよー!

個人情報保護委員会ゥァア゛ーッ ドガシャア

昨日はやや辛辣な皮肉を書いたわけだが、こうして個人としての義侠心でこういう記事を書いたりはしているようだ。まぁそれにしても、酷いことではあるな。早急に解決するなら、PMS の実務も(たぶん実定法に依存しない理念も)サイトのデザインやサーバ構築も全て分かってる、僕らのような「フルスタックCPO」を雇うしかないんじゃないかな。

それから、サイトの構築・運用は入札でやってるようだけど、他の事案を見てもアホみたいに細かいことまで入札でやってるよね。これは任意でやらせて、後で個人的な利害関係がないかどうかを監査すればいいだけなんじゃないの。入札は非効率だよ。1年やってから監査して、「なんで**にばっかり発注してんだよ、おめーらは」と突っ込まれたら是正していけばいい。もちろん、個人の代理店を一次請けとして入れ替わりにたくさん立てて実質は同じ巨大広告代理店が二次請けとして受注するという回避策はあるけれど、こんなもんは丁寧に調べればわかることなんだよね。監査する方がクソで、調べないから分からないというだけなんだよ。よって、監査する側には別の利害関係や牽制関係でインセンティブをつけないといけない。

というか、こういうサイトの構築や運用くらい、個人情報保護委員会で専任の部署を作ってもらいたいんだよね。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook