2018年11月27日に初出の投稿

Last modified: 2018-11-27

添付画像

Messages で、Photoshop CC 2019 で 50kB ていどの画像も開けないのかと文句を書いたことがある。最近のアップデートで CC 2019 の系統は起動時間の長さが大きく改善されたようには思うのだが、しかし動作は鈍い。そして、業務用のメインマシンはハイスペックなものを使っていると言い続けてきたが、そろそろ6年前のスペックで言い続けるのも痛いし、実際に会社案内を InDesign CC 2019 でやってみてパフォーマンスに不満を感じた。12月になると7年目に入るマシンでもあるし、そろそろ HDD なり電源周りの故障なりが心配になってくる頃だ・・・というわけで、稟議も通ったことだしマシンを買い替えることにした。

会社の資産調達の基準(僕が起案した基準だが)からすると、デザイナーのパソコンの予算が24万円ていどを上限としているので、買い替えるパソコンのスペックはせいぜい上記が限界である。それに、企業の役職者たるものキャッシュフローを考えずに会社の金を動かすことなどありえない(キャッシュフローを考えずに好き勝手なタイミングで設備投資したり物品を買うのは、会社の金でキャバクラに行くのと同じ程度の背任的な行為である)ので、会社に余力がありそうなタイミングを実は何年か狙っていたのだが、待っているあいだに定年となってしまう可能性もある(笑)。

さて、今回のマシンから始めて AMD Ryzen を使う。いまどき Intel vs. AMD であれこれと好き嫌いを述べ立てるような自作マニアなど IT 企業にすら殆どいなくなったわけだが、AMD を載せたパソコンは実際にメーカー製品では少ないため、どうも試すチャンスがなかった。もういまや AMD だと動かないなどというソフトウェアは業務用途では見当たらないので、コストパフォーマンスも考慮して Ryzen のマシンを組んでもらうことにしたというわけである。そして、会社の業務マシンでも、やっとシステムドライブを SSD にできるのは良い事だ。自宅のマシンでは既に7年くらい前から SSD に替えて良好なパフォーマンスを維持しているので、今回も期待できる。なお、データ保存用の HDD は最初から入っている 2TB に同じ容量の HDD を追加してある。もちろん、ソフトウェアでミラーリングするためだ。

[UPDATE 2018-11-27 17:47:12 (JST: GMT+0900)]

ちなみに、発注したのは UNIT-COM(パソコン工房)なのだが、さきほど「パソコン工房(ご注文確認メール)」というメールが届いて、5日以内に入金処理しないとキャンセルになるという・・・あのな、個人事業主か、社長が会社のクレジットカードで決済してる零細企業じゃあるまいし、5日やそこらで経理を1件の処理だけに動かす株式会社がどこにあるんだよ。ふつうは複数の処理を数週間ごとにまとめて手続きするのが会社の合理的な業務というものであって、いちいち振り込みが発生したくらいで経理がオンラインバンキングで手続きするわけないだろう。さきほどフォームから打診しておいたが、返答次第ではキャンセルして DELL の営業にメールした方がいいかもしれんね。

・・・うーん。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【受注番号】2018112701055700

【注文日時】2018/11/27 09:51

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・・・ていうか、さきほどフォームを再び送信して、発注はキャンセルした。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook