2017年07月11日17時22分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-07-11 17:28:43

ウィキペディアタウンをMLAの立場から考える

このサイトって、どうもこう偏った記事がたまにあって、本当に図書館行政や出版について公平な観点が保たれているのか疑問がある。樋渡=CCC 図書館マンセーな記事も出してたことがあるし。で、三つの課題が出たというけれど、何かこう引っかかるんだよね。行政サービスがやるべきことを、他の団体が自前の原資調達でやってる事業に依存していいのかという、基本的なポイントを全く無視してるように思える。Facebook 上に市役所サイトを作るような手合いと同じではなかろうか。

それに、この記事からリンクしてる他の記事を見ても、「ウィキペディアのルール」とか、全く利用者側の理屈しかないんだよね。こういう人たちって、財務とかどうでもいいんだ。そら、税金がどれほどかかるかと関係なくベキ論だけで文化財や福祉の話をしてりゃいい暇人と同じで、そういうボランティア活動は気楽で楽しいものだろうよ。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook