2017年07月10日14時45分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-07-10 14:46:22

なんか周辺でモニターの字が見えないと言ってるみたいだけど(当社は珍しくウェブ制作会社としては平均年齢が40歳近い)、ユーザビリティの問題はともかくとして、カスタマイズする方法がないか関心がないのかな。気軽に聞いてもらってもいいんだけど、とりあえずペルソナ・コントロールが効き過ぎてるのか、社内では強面として通ってるようなので、あまり気軽には尋ねられない。それにしても、決まった設定でしかコンピュータが使えないと思ってるのかなぁ。

こういうペルソナを使っていると、雑用が減るという効用も確かにあるのだけど、やり過ぎると毎年の人事考課のように「コミュニケーションが足りない」という、永久下方圧力の材料になってしまう。これは、上手いやり方なんだよね。僕らみたいな、開発、サーバ構築、デザインどころか、紙媒体のデザインや役職者までこなすスーパー・フルスタック・エンジニアになると、はっきり言って電通案件なんて技術的にも暇つぶしみたいなものなので、働きやすいという事情でこういう待遇でもいられる。そういうのとバーターになってるんだよね。

ちなみに「珍しくウェブ制作会社としては」と書いたけど、若い人たちがこういう業界を見切って入ってこなければ、どのみちどこの会社も高齢化する。「ウェブ制作」の業界と「ITベンチャー」は本来は全く違うわけだけど、このあたりを混同してる(あるいは都合よく使い分けてる)のが多くのウェブ制作会社の実態でもあるし。そもそも、IT ベンチャーというのは必要な人材を採用したり雇用し続けるために、ファイナンス担当者が原資を引っ張って来る。つまり、売り上げがあろうとなかろうと人件費を調達する任務がファイナンスの人員に課せられている。したがって、「原資がないから給料を上げられない」というのは、はっきり言ってベンチャー企業のやることじゃないんだよ。その辺の場末のデザイン事務所とかでウェブ制作してる経営者が口にすること。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook