2017年06月07日23時55分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-06-07 23:55:13

General and Familiar Trust in Websites

別に英語の論文じゃなくてもいいのであって、国内の HCI 研究者が書いたものでもいいんだけど、ともかくこういうレベルの文章が日本のウェブ制作会社でごく普通に読まれるようになる時代は、もうたぶん来ない。それは、幾つか前に書いた文章と同じ理由による。そして、こういう実態は場末のデザイン事務所で黄金比がどうこうとか言ってる「クリエイター」が絶対に解析幾何学を勉強しないのと同じであって、もともと知識や学術というものは上方硬直性とも言うべき特性があるに決まってるのだから、別に驚くようなことでもない。現に今でも、IT ゼネコンの PM やデータアナリストが ACM の論文を読んでいるわけでもない。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook