2017年05月18日09時54分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-05-18 09:54:10

ツイート程度の内容は書いていなかったのだけど、そろそろ Twitter や Google+ をベースにするのは止めていこうと思っているので、こちらでも短い内容で書く場合もあると思う。ただ、そういう短文でも書く意義があると思うならともかく、そもそもここを漫然と書き散らすためのプラットフォームにしたのでは、知性において何の改善もなされていないということなので、場所を変えてもバカはバカだという話になってしまう。そんなことで人生は終わりたくない(笑)。したがって、基本的に Twitter のツイート一つでは書ききれないくらいの文章にはしたいし、自分としても書いておく必要があると思えることを書く。「午前のゼミだん」とか、国内の無能なプロパーが山のように書いているクズみたいなツイートなど 1,000 億件ほど集まっても社会科学的な意味など殆どない(敢えて言えば「1,000 億件もの浪費が地球上で行われた時代がある」というくらいの記録的な価値はあるだろうが)。

さて、手始めに Amazon から 4K テレビが発売される話を見かけたので取り上げておく。それにしても、「とりあげておく」の「おく」を、いちいち「置く」とご丁寧に変換してくれる IME の技術なるものは・・・いや、日本語 IME などという、国家的な規模で日本人の生産性を低下させたか停滞させた、文化に対する犯罪と言ってもいい低品質な技術の普及については、もう何度も書いたから繰り返すまい。それはそうと、会社ではやっとデザイナーが使う iMac を 4K モニターで購入したくらいで、ウェブの制作プロダクションではさほど用途がない。もちろん、Adobe 製品を始めとしてパネルをあれこれと広げると表示面積が足りなくなる場合が増えているため、画面が同じ解像度でも広くなるだけで使いやすくなるのは当然だから、一定の用途に限っては普及していくのだろう。もしかすると、当社がそうであるように、営業職や事務職でも Excel の画面を並べて使いたいなどとツインモニタ―を使い始めているので、デザイナー以外でも解像度の高くて巨大なモニターは普及するのかもしれない。(だからといって、そんなことで会社が黒字になるわけでは全くないのだが。正直、凡人の生産性など上がろうと下がろうとどうでもいいのであって、IME がいかにクズみたいなテクノロジーであろうと、僕は本当にむかついたらここでも英語だけで書き、パソコンから IME を削除してしまうくらいの用意はある。)

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook