2017年05月11日09時58分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-05-11 09:58:53

Interactive HepVu Site Maps U.S. Hepatitis C Hot Spots

疫学あるいは人文地理学や民俗学の所見として、地域のもつ特性と疾病へ罹患する割合とに統計的な関連性が高く認められるというのであればともかく、こんな地図をわざわざ公表することに何の意味があるんだろうか。そして、「地域のもつ特性」とは言っても、山間部の特性と関連性がある場合に、山間部が少なくても人口密度が山間部へ偏っている地域と、山間部が多くても人口密度が平野部に偏っている地域とでは、やはりパーティションを自治体区域によって分割する、いわば「不可避的なゲリマンダー(人にとっての都合を自然現象としての特性に優先させる)」を取り除いて議論しなければいけないだろう。それを特定の自治体の単位で測るということは、恐らくはそれぞれの自治体に対して医療対策を促すための牽制という意図があるのだろう。そうとでも考えない限り、このような地図は幼児性愛者の危険地域マップみたいなものに誤解される可能性が高く、就職差別や結婚差別を助長しかねない。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook